運営の仕組み

運営主体

被保険者の資格管理・保険料の賦課・医療給付等は、各都道府県ごとに設立された後期高齢者医療広域連合が行います。
保険料の徴収および窓口業務は、被保険者の方がお住まいの市町村が行います。

後期高齢者医療制度の財源構成および運営の仕組み

財源構成は、公費(約5割)と後期高齢者医療制度以外の被保険者からの支援金(約4割)のほか、後期高齢者からの保険料(約1割)となっています。

後期高齢者医療制度の財源構成および運営の仕組み

財源リスクの仕組み

将来の財政リスク等に備えて、国・都道府県が恊働して責任を果たす仕組みが設けられています。

財源リスクの仕組み